MOMA

NYにいってMOMAにいかないのは、日本でお米を食べないで帰ってしまう外国人と同じです。
現代アートの街NYにいったからにはミュージアムオブモダンアートは必見中の必見です!
とはいえ時間に限りがあると思うので、2時間とか時間制限しないと終わらない&かなり疲労します。

ちなみにMOMAも5番街なので買い物途中で行けちゃいます。

ホイットニー美術館

こちらも現代アートです。
MOMA
より北側。
1時間半ほどあれば見れてしまうのと、企画の斬新さ、初心者でも分かりやすいものが多い気がするので
個人的にはこっちの方が好きです。

私が行った時はジョージアオキーフの企画展をやってました。
個人的に好きなので見てほしいです。
色と線であれだけのインパクトがあるのもすごいですが
寒色も使ってるのにすべての絵に温かみがあって、特に女性ならみんな好きになりそうです!(本当??)

自由の女神

無料フェリーと観光フェリーがあります。(私は無料で
無料は近くを通るだけですが、観光用の方は実際に女神の中まで入るので経験としては観光用の方がよいかも?
ただ、中に入って感動したって話はあまりきいたことありません。。。

http://www.ab-road.net/south_america/usa/new_york/guide/01336.html

余談ですが、女神ってはじめはブロンズ色だったのに、酸性雨の影響であっという間に今の青緑色になったみたいです。
その青緑がもはや女神色になってるので、結構衝撃的事実でした。

ブルックリンブリッジ

マンハッタン島(NYといえばここの島)とその隣にあるブルックリン島を結ぶ橋。
マンハッタンの夜景(夕景)や自由の女神が一度にみることができて、「こんな小さい島によくもまあここまでのエネルギーがありますね」と
NY
の威力を感じられます!
1時間くらいで渡れるので地下鉄でブルックリンまで行ってマンハッタンに向かって歩くのがよいかと。

個人的には5時くらいの夕暮れ時に渡るのがオススメです。
(夜だと海の上なので寒い&いろいろ危ない)

セントラルパーク

「本当に都会によくもまあこんな公園(もはや森)を!」
っておもうほどの広さ。
人工的につくられた公園であるのに、昔からそこにあるように木々が悠々としていて感動します。
マラソンしたり読書したりする人がたくさんいて
観光客だけでなくてニューヨーカーの日常に自然が溶け込んでいるのがよくわかります。

前は結婚式に遭遇しました。
それか撮影?
セントラルパークでのJOGも出会いの場所だときいたことがあります。
それが縁のカップルかもしれません。


水着で日光浴を楽しむ方々も見られます。
日本だと「???」となりそうですが、結構当たり前の雰囲気で戸惑う自分が恥ずかしかったです。
「太陽でてるんだから全身で浴びちゃおうよ」
とこちらの方が動物的な気がします。


ということでニューヨーカーは日常、非日常も自分らしく楽しむのが上手いです。
そんな公園は、お散歩程度に歩くのもよいですし自転車も安く借りられるのでさくっとまわっちゃうか、
あとはめんどくさければ馬に乗るって手段もありますが、ちょっと観光客っぽすぎて若干浮くかも?


キャリーはビッグに家まで送ってもらっていました。
さすがにちょっと恥ずかしい??


夜は急に危険になるので、ぜったいはいってはダメです!


ブロードウェイ

定番は、美女と野獣、ウィキッド。

「チケッツ」という余ったチケットを当日の10時から売り出す格安チケットセンターがブロードウェイの中心地にあります。
半額以下で手に入るんですが、人気の演目はあまりでない&9時くらいにきて並ばなければいけないので
確実にみたいものがあり、かつ時間を有効に使うには、劇場で買った方がよいです。

http://nyliberty.exblog.jp/9730921/

ここの屋根は階段になっていて、ここに座ってブロードウェイを見渡すと
地球の中心に座っている気になります。(・・・えっ?)

チケッツは最近できたばかりで一応観光名所です。

ちなみにブロードウェイは演目ごとに劇場が異なるので、ちゃんと劇場を調べて行かないと若干迷います。
(ただ、劇場はブロードウェイに集中してるので、とりあえずブロードウェイにいって適当に人にきけば観光客慣れもしてますしなんとかなります。)