元薬局!ブルックリンの老舗ソーダ屋はソーダ以外に力を入れてる気がする件。

アメリカ国旗Tシャツの青年と、真っ赤なドレスのご婦人。
薄いエメラルドブルーの壁に「FARMACY」の文字。
完璧じゃないですか・・・

惚れ惚れ。
クラシカルなアメリカを見せつけてくれたのは
「ブルックリン・ファーマシー・アンド・ソーダ・ファウンテン Brooklyn Farmacy and Soda Fountain」
一部のニューヨークホリックは当然の如く知っている、ブルックリンのソーダ屋さん。

もう外観から一気に期待値が高まっています。

マニアックな方ならお気づきだと思いますが、ここは前田敦子さんが「アナザースカイ」inニューヨークで訪れた場所でもあります。

もともと薬局だったところをリフォームしてオープンさせたお店で、そんなストーリーが観光客の心を鷲掴みにさせている名店。

薬の配合に炭酸水を使ってたっていう経緯から、オリジナルでレシピをつくり人気となったようです。

ストーリーって本当大事。

ポップな外装とはうってかわって、内装がブラウンを基調にしたクラシカルな雰囲気。

てっきり薬局っぽく白いもんだと思ってたけど、意外とクラシカルなダイナー風。

注目すべきは、スタッフさん巻いてる色とりどりのバンダナ!so cute!

こういうクラシカルなアメリカをわかってやってるところが憎いし観光客の喜ぶツボを知ってます。

お席は各自自由に。

早速ソーダをオーダーしましょう。

何を頼んだか忘れてしまいましたが(おい)、あえての薬っぽい味をセレクトした記憶があります。

5分も待たないうちにソーダが到着。

みんながイメージするソーダスタイルのガラスコップにはいってます。

ジャスト炭酸。砂糖たぶんはいってないんじゃないか?
もうちょっとアメリカならではの甘さがあるかと思ってましたが、飲みやすい。

でもなんだろう、わざわざこのソーダを飲みにくる価値があるかというと多分そんなない・・・だってシンプルなソーダだから・・・

こちらは一緒に頼んだアイスクリームサンデー。
こっちの方が、意外に出会えないクラシカルなアメリカで、tanimmy的な満足度は高めでした。
アルミの器に山盛りのバニラアイスクリームっとチョコレートシロップ、生クリームが大量にかかっていて、もう視覚だけでお腹いっぱい。
でも意外に甘すぎず美味しい。
ということで、あっさりと実食終了したtanimmyたちは、店内をキョロキョロ見回し、薬局の残り香を探しはじめます。
写真にみえる壁一面の小さい引き出し等は、当時のままだそう。
これは体重計。
5ドル払うと占いまでしてくれます、ってこれは完全に観光客向けにつくってますね。

秤とともに置かれていた紙の帽子。

おお!これはもしかして・・・

前田敦子さんが「アナザースカイ」で、かぶっていたもの!

かぶっていたもの!(繰り返し)

※私に悪意はありません。よい写真なかった。ファンの方すみません。

1枚50セント。

はい、これも完全に観光客向けですが、最強のニューヨーク観光客を目指す我々は、その挑戦をうけてたつしかありません。

うん、かぶるよね。
というか今更ですが、これは何でしょう。
これは何なのですか?
薬局にこんなのかぶってる人いたのでしょうか?
ナース帽?薬局でナース帽?薬局でナース帽でコスプレ?何をしてるの私たち!!
改めてこの写真を見ると、訳も分からず踊らされてるtanimmyたちがちょっと滑稽です。(というかけっこう滑稽)
調子にのったtanimmyたちはバンダナ巻き巻きしてる可愛い子ちゃんたちをナンパして記念撮影。
うるさくてすみませんでした。
「ブルックリン・ファーマシー・アンド・ソーダ・ファウンテン」
ソーダはとっても普通ですが、観光客向けに仕上げてる点が随所に見られた憎いお店。
最強のニューヨーク観光客を目指すなら、それを分かった上であえて転がされにいくのが、その道のプロってことです。

カウンターには楽しそうに話に花を咲かせてる大人の男女。

観光客が多いと思いきや、半分以上は地元の方が、喫茶店のように使ってる感じでした。

それにしても、会社帰りにソーダ屋さんでデートってなんて粋なの〜

惚れ惚れ♡

yelpページ:Brooklyn Farmacy and Soda Fountain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です