【前編】NYの街よりダンサーTAKAHIROさんに惚れてしまうアナザースカイを全力レポ

どきどき。
見る前からどきどき。
見ている間もどきどき。
終わってからもどきどき。
こうしてまとめようとしてる今もどきどきどき!

この方がアナザースカイに出演されました。

TAKAHIROさん。
EXILEじゃないですよみなさん。
世界のダンサーTAKAHIROさんです。

ニューヨークという街を体現するのは、人種のサラダボウルという言葉だったり、SEXandTheSITYという映画だったり、ウディアレンという人だったり、人それぞれにあると思いますが、私にとってのザ・ニューヨークはこの方なのです。

日本からニューヨークに単身のりこみ、アポロシアターで連続最多優勝を成し遂げ、マドンナの専属ダンサーに抜擢されたTAKAHIROさん。惚れ惚れ。
今までのアナザースカイでぶっちぎりにナンバーワンに熱量をもった今回。TAKAHIROさんの生きるニューヨークを早速レポさせていただきます。

ニューヨークを拠点に活躍されているTAKAHIROさん。
クイーンズに住んでいるんだそうです。意外〜マンハッタンのどこかだと思ってました。

「日本に2か月とか3か月とか離れて帰ると何か変わってる」だそうです。
それはいやや。

TAKAHIROさんは東京にもご自身のダンススクールを構えていらっしゃいます。

ニューヨークのバス・地下鉄は24時間運行。
おお、いきなし一般論。

「夜遅くなった時は特に女性」
は、気をつけましょう、電車は端っこの車両には乗らず出来るだけ真ん中の車両に乗りましょう、ということです。

でもほんと油断大敵。気をつけよう。私も遅い時間に乗るときは「なめんなよなめんなよ」って心の中で唱えながら恐さを演出しています。(日本人女子は若く見られるって噂なので)

「Mr ソフティー」
よく見かけるソフトクリーム屋さんだそうです、って見た事ない!
ヨーグルト屋さんとかプレッツェル屋さんの方がよく見るけどな。

って言ってる割にはなんとTAKAHIROさんこのソフトクリーム初めて食べるそうです。
「意外に美味しい」だそうです。
必要だったの?このシーン・・・(たまたまキャプチャした顔もどこか悲しそうです・・・)

TAKAHIROさんがたまに行かれるというイタリアン。
「VAPiANO」
ユニオンスクエアのすぐ南です。

なんとここ、具材はもちろん茹で加減とかパスタの種類とか好みを尋ねながら目の前でつくってくれるお店なんです。好きなものを主張しまくる、ってこれもまたニューヨークっぽいスタイルです。
と言いながらそれはつまり英語力がないと何を言ってるのか伝わらず麺の茹で過ぎ、という事態にもなり、観光客には緊張の走るサービスです。

なんと、バジル等必要な時はこのプラントをそのままテーブルまでもっていってちぎるのだそうです。

斬新・・・
ゼロからカスタマイズってコンセプトなんでしょうね。

このサービスでしかもユニオンスクエア近くで12ドルは安いですよね。レジオーダーだからチップもいらなさそう。行ってみようっと。

「一歩を踏み出したから」
後編はTAKAHIROさんのバックボーンについて!
ふぅ。どきどき。

後編はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です