キャメロンディアスに会えるかも!?NYグリニッジビレッジで一目惚れ「Whynot Coffee」

しばらく更新が途絶えていました。お久しぶりですtanimmyです。
妄想ニューヨークのfacebookではお伝えしておりましたがニューヨークに10日間帰省しておったのです。
帰省・・・・ってしょっぱなからイタイですが、そう思わせるくらいの気持ちよい時間を過ごして参りました!

青くて広い空・・・
澄み切った空気の中でのブランチ・・・
もう何杯飲んだかわかんないコーヒー・・・
いきなり運行が止まってバスに乗らなきゃいけないサブウェイ・・・
おしゃべりが止まらなくて地下鉄でも話かけてくるニューヨーカー・・・

思い出すだけですでにニューヨークが愛しくなってきました・・・ウルウル。

ということで今回の旅で蓄えたエネルギーをもって、私の出会ったニューヨークを伝えて行ければと思いますー!

さてさて、ニューヨーク旅行から帰ってきて一発目は、 クリストファーストリートにある「Whynot Coffee」
見る人から見れば本当どうでもいい!東京にもあるじゃん!という声も聞こえてきそうなカフェですが、私にとってはニューヨークを体現しているカフェ。毎回必ず訪ねたい場所に堂々ランクインされましたので、その理由を長々と説明できればと思います。

分かりますかこの気持ちいい感じ!!

今回の旅でこのクリストファーストリートが気に入ってしまい、ことあるごとにこのストリートを歩いていてたんです。そしたらこのお店が目に入って「なんだこのカフェ!!」とビビビっと一目惚れ♡でもそのときは時間がなくて、改めてリベンジにきたのでした。

のんびりしたエリアのコーナー(角)にあるってことがすごい大事!さらに壁をぶちぬいてお店の2面が外に通じているのが1番のポイントかと。
この抜け感がお店をニューヨークの街に馴染ませます。

写真には写ってないですが、このお店のコーヒーはあの、ブルーボトルコーヒー。
(ブルーボトルについての記事はこちら→
コーヒー界のApple!ブルックリンで味わうサードウェーブの先駆け「ブルーボトルコーヒー」
ニューヨーク発じゃないのにも関わらず、ニューヨークのカフェは結構な確率でブルーボトル!

さらに写真に見えるようにワインも充実していて、ちょっと夜にこんな気持ちいいカフェでワイン一杯でまどろむなんて、もうほんと人生の贅沢。

もちろん店内にはアートが飾られています。It’sニューヨーク!

変に気張らず小難しい絵じゃなくて、みんな知ってるケイトモスの絵を飾ってくれるところも居心地のよさにつながってる気が。

そしてニューヨークのカフェでは当たり前のWIFIももちろん完備。すいすいでした。お馴染みの風景ですがみんなMacひらいてカタカタやってます。平日だったしみんなフリーでやられてる方なんだろうかあーーーー羨ましい。
わたしも朝起きてちょっとシャワーして洗濯してパンでもかじってお昼からこのカフェにPCもってきて仕事して夕方6時頃近くのBarで友達と一杯やりたい!そんな人生どこかに落ちてないかな。

で、ニューヨーカーはみんな大好き鉄板のお外のベンチ。ここは壁一面が開いているので中と外の境界がグラデーションしていてカフェにきたのに街でくつろいでいる開放感があります。あぁほんとこのカフェいいよいいよ。
こんな居心地抜群のカフェがあればそりゃ「Whynot =いくでしょ!いくしかないでしょ!(超意訳)」ですよね。
そりゃ正座しちゃうよね!笑

って記事を書いてたら、ちょうどタイムリーに、あるサイトの「Three must-go-to cafés in NYC」という記事にWhynot Coffeeが選ばれていました〜なんていい子〜うちの子が100点とったママみたいに嬉しい(独身なので想像の世界)

記事よるとWhynot Coffeeは今年の春にオープンしたばかり。
やっぱりこのサイトでも評価されてるのが、ブルーボトルコーヒー、お菓子、壁に掛かっているアート。
With coffee from Blue Bottle, pastries (macarons, croissants, etc.) from Mille-Feuille, free Wifi, artwork on the walls from Jeremy Penn and best of all

Whynot will soon serve wine, so you can stop in during the early evening for a glass of wine.
ワイン1杯ではやくからまったりできるねって。
Whynotを好きになるツボってみんな同じなのね。

it’s the kind of place you can chill for several hours.
そしてやっぱい嬉しいのがこの“place you can chill ”という表現。
chillって、「くつろぐ」とか「まったりする」とか「おうちでごーろごろ」的な言葉でなんて感覚的な言葉だ!と思ってたからWhynotをこの言葉で表現してくれたことが嬉しい。

さらにさらに
you might see Daniel Day-Lewis, Jennifer Aniston or Cameron Diaz
ということでダニエルデイルイスって方はよく知らないんですが、ジェニファーアニストンやキャメロンディアスをお見かけすることがあるようです。

細かくはリンク先をみてください。

facebookもやってます。
Whynot Coffee facebook
距離的にはすっごく遠いけどこうやって発信してくれることで心理的にはいつも近くにwhynot!(キモ…)
癒される!

最後に、この「Whynot」はクリストファーストリートとGAYストリートの交差点にあります。
昔からこのエリアはゲイカルチャーの街。そんなストーリーも一段とこのカフェを愛しくさせるのです。

ニューヨークのお散歩はこんな風に愛する場所とかお店が増えて大変〜
とかいいつつ、もちろんかなり嬉しいので、ニューヨークにいけばずっと街を歩き続けるtanimmyなのでした〜うふふ。


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です