3時間待ちも!NYで最も行列のできる、とっとラーメンにいってみた。

「3時間待ちです」

ニューヨークで一番行列ができることで有名なTOTTORAMENトットラーメン。4月のニューヨーク旅行でお店の前まで行ったものの、ラーメン1杯に3時間も待てないのでその時は断念。(4月は土曜日の16時頃で3時間待ち)

ということで9月の旅行でリベンジに。

天気は雨の日の方がきっと行列も短いだろうと読み、この時のニューヨーク旅行で初めて雨(といっても小雨)が降った日に決行。
時間はネット上で見てると、夜中の23時でも1時間は並ぶということなので思い切って12時のオープン前に並ぶ作戦にでました。

11時30分に最寄り駅に着き、これは大丈夫だろうと歩いていると

人だかりを発見!こ、こ、これはトットラーメンなのか?

・・・ちーん。TOTTO RAMENトットラーメンでした。
まだオープンしてないのにこの人ってすごいです。

ニューヨークのラーメンブームの火付け役になった「モモフク・ヌードル・バー」に始まり
「せたが屋ラーメン」「山頭火」、「来々軒」、「博多一風堂」といった日本の有名店が続々とオープン。
TOTTO RAMENトットラーメンがオープンした今では、あの「New York Times」でも RAMENの特集が組まれるほどの人気ぶりです。

11:45。
はいまだオープンしてません。それでもごきぶりホイホイのごとく次々にお店の前に吸い寄せられるように人が集まってきます。

ウェイティングリストに記入。
しつこいですけどまだオープン前でこんだけの人が待っています。オーマイゴット。
しかも日本人ほとんどいなくて外人ばっかり。
ニューヨークは空前のラーメンブーム。もう日本人のためのラーメンではなくニューヨーカーが愛する“RAMEN”なのです。

ほら!外人さんもお箸は普通に使ってますし、みんなちゃんと“すすって”ました。
“すする”って外国の方は難しいって聞いたんですが、ニューヨークの人達はすっかりこなれた様子です。

やっと席を通されました。
オープン前の11時半にきて、入れたのは12時45分くらい。1時間15分待ちました。
私の作戦は成功だったのか?はて。
カウンターに着席。
スタッフは全員日本人。スタッフのやり取りもすべて日本語です。

トットラーメン、日本人スタッフしかいませんが実はニューヨーク発祥のラーメン屋さんなんです。
なんでも既にニューヨークにあった焼き鳥屋「Yakitori Totto」の鶏がらスープのラーメンが大人気で、そこからラーメン店を独自に出店。だからスープは鶏がらベースなんですねー

スタッフさんによると人気は↓だそうで、tanimmyは2位の鳥人丸鶏白湯ラーメンをオーダー。母は味噌ラーメンでした。

1.Totto Spicy Ramen 鳥人辛ラーメン $10.75
2. Totto Chicken Paitan Ramen 鳥人丸鶏白湯ラーメン $9.5
3. Totto Miso Ramen 鳥人味噌ラーメン $10.75

サブメニューも普通に充実。ほんと日本みたい。炙りチャーシューマヨ丼ぜったい美味しいでしょ。豚になるのがこわくて頼まなかったけど。

ビールもサッポロだし、日本酒も結構あるし、日本のおじさまたちが泣いて喜びそうです。

10分くらい待ってすぐにきました!これが鳥人丸鶏白湯ラーメン。
普通に美味しい!鶏ベースのラーメンってあんまり食べたことあにけど、豚骨のようにこってりです。麺は細麺で好きなタイプ。
ただ私そもそも醤油ラーメン派でして、半分食べたあたりからこのこってり感にやられてしまいました。ちーん。

こちらは味噌ラーメン。
50いくつの母(年齢失念)にとっても同じだったようで「このスープだけでも濃いのに味噌まで無理!」と味噌をとかさずに食べてました。笑

んーでもきっと東京にこれが出店してきてたら食べログだと3.00点くらいだと思います。何が言いたいかというと日本人にとっても普通に美味しいということ。世界の美食が集まる街、さすがニューヨークです。

奥にはテーブル先が3、4つありました。

ちなみにここもチップを要求されるので要注意。当たり前っちゃ当たり前なのですが、この時何のサービスもなくてお水も言わないとくれないし一切声も掛けられないし(普通は「美味しい?」とか「なにか他にいる?」とか気遣いがあるもの)そもそもカウンターで20分くらいでラーメン1杯食べただけだしと思ってチップ払わずにでてきたら入り口まで追いかけてきて「我々の生活がかかってるんでチップください!」って。いやいやチップってあなた達の生活のために払ってるんではなくて、受けたサービスの対価として払ってるんですけど!って怒りそうになりましたが、母も怯えてたし笑、とりあえず3ドルくらい払いました。

後日その話をニューヨークに住む先輩にしたら、なんと先輩も同様にサービスを感じず払わなかったら、道まで追いかけてきたそうです・・・こわ!

お店をでたらお仕事中のサラリーマンも待ってました。

ちなみにニューヨーク在住で福岡出身の友人Y氏にトットラーメンについてきくと「そんな美味しいけ?」と、いぶかしげな様子でした〜笑
まだまだ本場豚骨福岡人は満足させられないレベルのようでした。
精進したまえ〜(ってだれだよ)


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です