ケイトスペードのNY愛が半端ない件について緊急レポート!

LIVE COLOR FULLY!
みなさん元気ですかtanimmyです。
ニューヨークホリックならみんな大好き、というかtanimmyが溺愛しているkate spade(ケイトスペード)のニューヨーク愛が最近すごいので緊急レポート!

kate spade(ケイトスペード)は、ファッション誌の編集者だったkate spade氏が「自分が欲しいカバンがないからつくっちゃおう」と1993年に立ち上げたニューヨーク発のブランド。こういうストーリーがまたニューヨークホリックをしずらせますよね。うんうん。今ではすっかりニューヨークを代表するブランドで、カバンだけでなく靴や服、アクセサリーや最近ではiPhoneケースが人気。

そんなkate spade(ケイトスペード)の2013年AWは“ニューヨーク”をモチーフにしたアイテムのオンパレード。20周年の今年はテーマが”things we love-私たちの愛するもの-”のようで、そうなったらニューヨークじゃろ!とばかりにニューヨークホリックにはたまらない展開となってしまっているようです。はい。

ニューヨークのガイドマップからインスパイアされたクラッチバック。
このストレートさ、ニューヨーク好きじゃないともてない・・・

裏側もすごく凝っていてニューヨークについてのアレコレが載っています!

ニューヨークの愛称“ビックアップル”をモチーフにしたバック。
なんてcute♡
これ持ってマンハッタン闊歩してみたい気もするけど(うーんするかな・・・汗)現実的には長財布も入んないし、まあないかも。笑

見ての通りニューヨークのmapをモチーフにしたiPadケース。
この分かりやすさがtanimmy的なツボです。

ニューヨークをベースに活躍しているアーティスト、クレイグ・レッドマンさんとのコラボアイテム。ド直球だけど、ニューヨークへの愛が伝わってくるアイテム。


見てください!見えますか?見えますよね!上に載っているのはイエローキャブ!
こういうちょっとしたイタズラみたいなセンス、大好き。
今季のkate spadeの中で一番tanimmy的にツボなんですがどうでしょうか。
今度旅行いくとき買おうと思っています・・・
本当おなかいっぱいになりますね。ごちそうさまです。
ちなみに世界で最も品揃えが多いと思われるkate spade(ケイトスペード)の店舗は、ニューヨークはSOHOにあるこちらのお店。

SOHOは日本でいうところの表参道。表参道のように定番のラグジュアリーショップが揃っていながら、おしゃれなカフェがあったりマイナーだけどセンスのよいお店があったりニューヨークでド定番のお買い物エリアです。


そしてそしてkate spadeは2013年の今年、20周年のおめでたい年。店内はお祝いムードです。
てか20の文字をおさめたくて写真に撮ったら、それ以上に店員さんが可愛い。てかエロかわ?

kate spadeの店内に入ったことある人ならお分かりだと思いますが、これでもか!ってばかりに原色使いのkate spade。
20周年の店内は一層気合いが感じられます。このリボンとか正気に見たらちょっとおかしい気もしますが、ケイトスペードというブランドがやればすべてSo Goodに見えてくるから不思議。
本店は今まで日本とニューヨークで見た中で一番広いお店だと思います。
奥に洋服と靴のエリアがあるんですが、ここの靴の品揃えは抜群!

現代アートの街、ニューヨーク。店内にも自然にアートが飾られていて、気持ちが高まります。

ここでもケイトスペードのニューヨーク愛が垣間みられます。
SOHOを訪れた時はぜひケイトスペードを覗いてみてくださいね〜


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です