Millyっぽいセンスのよい古着はブルックリンの「AWOKE VINTAGE」へGO!

雑誌FIGAROのニューヨーク特集で「ニューヨークのおしゃれピープルのお買い物はブルックリン!!!」的な記事を読んでから、すっかりブルックリン、特にウィリアムズバーグでの古着屋巡りがニューヨーク旅行の一大行事になったtanimmyです。こんにちは。

今回はそんなメディアに影響されやすいtanimmyが珍しく自分の足で見つけた、FIGAROにも載っていない超絶おすすめの古着屋さんin ブルックリンをご紹介したいと思います。

「AWOKE VINTAGE」

もうこの写真からこのお店のセンスがダダ漏れしてしまっているかもしれないのですが、そうなんですよ!とにかく服のセンスが絶妙で、普通ニューヨークの古着だとちょっと奇抜だったり 逆にださかったりするんですが、東京で着ても確実におしゃれピープルになれるアイテムがいっぱい。
ニューヨークのブランド「Milly」にも似た雰囲気があって、 Milly好きのtanimmyにはたまらないお店だったりもします。

しかもこのお店、服の状態がすごくよくて、古着屋さんだと普通「まぁ所詮古着だしね・・・(´・_・`)」ってなるんですが、AWOKE VINTAGEはニューヨークの古着屋さんの中でもかなりしっかりしてると思います。ビーコンズクローゼットとか、量はすごいけど質はやっぱりひどいもんね・・・

しかもなんといってもここ安いんです。
写真に見えるのはカラフルなワンピース
タグ見えますか??49ドル、65ドル。これがAWOKE VINTAGEの最高値ラインです。
自分撮りで恐縮ですが、この試着したブラウスは襟もちゃんと作り込みしてあって、ブラウスの前はサテン生地使ってあって、高級感あります(と思ってます・・・)
で15ドル!1500円!お安い~パチパチ。

ちなみにこれ20ドルくらい。2000円。作りも細かいしかわいいな~もう一枚買おうかしらと思ってみてたら

花の彩

って・・・・・日本じゃん!
私が買ったら、せっかくニューヨークの地でデビューした子が日本に強制送還されるようでかわいそうになったのでやめました。

店内はこじんまりな感じ。すっきりしていて見やすい。

レジの奥のドアを開けると、こんな景色。
いろいろなお店が入っているビルに入居しています。



実はここ、前にアップした「サラベスを超える!?ブランチの名店「egg」潜入レポート!」のeggのお店の目の前なんです。eggはブランチは並ぶ可能性も高いので、待っている間に「AWOKE VINTAGE」でお買い物することもできる距離。



さらに、前にアップした「ブルックリンで古着!オシャレな秘蔵っ子「LAVAI MARIA(ラバイマリア)」も同じ通りにあります。「egg」でブランチを食べつつ、「AWOKE VINTAGE」と「LAVAI MARIA」をセットで回ることをお勧めします!


この「AWOKE VINTAGE」、もともとはオーストラリアのヴィンテージショップで2店舗目がこのブルックリン。(店先にはくじら・・・?)
やっぱりニューヨークは世界中から人やお店が挑戦しにくる刺激的な街です。

「ブルックリン 古着」の他記事はこちら

ブルックリンの古着の王様!日本人スタッフ の「テンフィートシングル」

ブルックリンで古着!オシャレな秘蔵っ子「LAVAI MARIA(ラバイマリア)」

ブルックリン最大のフリーマーケット!「ブルックリン・フリー」

□□□□□□□□□□□□□□□Facebookページを始めました。

妄想ニューヨーク。公式Facebookページはこちら

ブログの更新情報だけでなく、Facebookならではのリアルアイムな情報やお得なキャンペーン情報を共有していければと思っています。

ぜひいいね!してニューヨークをもっと好きになってください!
□□□□□□□□□□□□□□□


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です